読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次元の壁

二次元と三次元の話です

わたしがメモを取らない理由

コンサートやファミーティング、イベントなどがあると必ずその日のレポが流れてきます。事細かに、何を言ったか詳しく書いてあって本当に助かります。メモ班ありがとう!
ですが、わたしはメモを取りません。その理由を幾つか書きたいと思います。

まず、字が汚いということです。普段からまあ汚い。仕事などでするメモ書きが破滅的に汚いんです。だから公演中にメモを取ったところで解読できる自信がありません。致命傷です。

次に目を離したくないのです。何かを言った、なにかした、となれば残さねば!となりますね。わたしがモニターなり本人から目を離してる間に何かが起きてわからないと嫌なのです。せっかくその空間にいるのにもったいなと思ってしまいます。

そして、その公演で燃え尽きたい!これが一番大きな理由です。何公演も入れれば別でしょう、一番好きな人がずーっと出てなければメモを取るかもしれない。でも、その公演で起きた出来事、物事はそこ限りなんです。当たり前ですが、そこにいなくては体験できないんです。しかもわたしの場合はたくさん行くことも出来ないのでそこのひと公演の重みが半端ないんですよ(だったらたくさん入ればいいだろって話ですが、それができてればしてます)。だからそこで燃え尽きたい。あわよくば灰になって明日からの仕事行きたくねえくらいの勢いです。

この理由からわたしはメモを取りません。記憶が薄れようが、曲順を忘れようが、何言ってたかわからなかろうがメモを取りません。だから本当にメモ班の方には感謝してます。入った公演でもひたすらメモを探しファボファボしてます。これからもメモを取ってくださいよろしくお願いします!

ちなみにですが、メモを取るという行動が、ジャニーズさん現場だと問題になってるというということを耳にしました。実際どのくらいの方がメモ班なのか定かではありませんし、どのくらい運営側から目につくかもわかりません。気になるのかもしれません。でも楽しみ方はそれぞれだと思うのです。今後規制されたり、注意喚起が回るのかもしれませんが、そういうものがないことを祈ってます。